今日の絵本『ちがうねん』ジョン・クラッセン/作 長谷川 義史/訳 大きな魚から素敵な帽子を盗って持ち去る小さな魚のお話。なんと言っても話のテンポと関西弁。小さい魚をはらはらしながら見守るのと同時におかしくて笑ってしまう。アイロニーというかそういうおかしみ。

LINE@で友達募集中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。