2歳が、ちんちんを出して安易に笑いを取ろうとするので、下ネタで笑いを取るのも悪くないけど、もっと引き出しをたくさん持つよう指導しておいた。すると、走ってきてちんちんを出したり、後ろを向きながらちんちんを出したり、ちんちんの出し方に多様性を出してきた。そうではないのだ。

LINE@で友達募集中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。