東京は港区に在る、愛宕神社。3代将軍家光公の時代、「馬に乗って梅を取ってこい」というわがまま(笑)にこの石段を馬で駆け上がった四国丸亀藩の家臣で曲垣(まがき)平九郎を1日にしてその名をとどろかせたと逸話が残る出世の石段が在ります。

LINE@で友達募集中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。