「てんぷら」――作文で褒められようという「あざとさ」がないところが非常に良い。それを評価した側も凄いが。こういう才能は「文学」を知らない方が良い。デビュー当時の町田康を髣髴とさせるな。

LINE@で友達募集中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。