昼食中、男の子(3歳)が口の中のものをなかなか飲み込めず可哀想だったので「頑張ったから『ぺっ』ってしていいよ?」と声をかけたら、まさかの『かとちゃんぺ』を披露し出して笑い死にかけた。何故それを知っているのか、何故今このタイミングで僕がそれを求めたと思ったのか、不思議である。

LINE@で友達募集中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。